コミュニケーションが苦手な私がプレゼンテーションスキルを磨いた話

コミュニケーションが苦手な私がプレゼンテーションスキルを磨いた話

コミュニケーション 苦手 克服 本

私が若い頃、コミュニケーションが本当に苦手でした。
しかし、仕事のステージが進めば進むほど、
人前で話すプレゼンテーションの機会が増えてきます。

 

当時はコミュニケーションが苦手なのに
プレゼンテーションなんて大が付くほどの苦手だった記憶があります。

 

しかし、私はプレゼンテーションに重要な、たった3つの要素を磨いただけで、
見違えるほどプレゼンテーションスキルが上達したのです。
コミュニケーションが苦手だからといって諦めている貴方に朗報です!
本記事で、貴方もプレゼンテーションスキルを高め、
コミュニケーションにおける苦手を克服しようではありませんか!

そこで本記事では
コミュニケーションが苦手な私が、プレゼンテーションスキルを高めるために磨いた、3つの要素をご紹介致します。
この3つの要素を磨くだけで驚くほどプレゼンテーションスキルが上達するでしょう。

プレゼンを行う相手は、仕事において重要な人物であるケースが多いものです。
そのような相手に対し、上手なプレゼンを行うことは、
自身の社会的意義が向上するきっかけとなり、引いては出世にもつながる為、
是非ともプレゼンテーションスキルを磨き高めていきたいものです。

コミュニケーションが苦手な私が磨いたプレゼンの3要素

コミュニケーション 苦手 克服 本
プレゼンテーションにおいて、
相手の心を動かす重要な3要素は、「姿勢」「話し方」「内容」です。
この3要素はプレゼンの効果を大きく左右する要素であり、
コミュニケーションが苦手な私はこれらを重点的に学ぶことで
プレゼンテーションスキルの向上に繋げました。

コミュニケーションが苦手な私は「姿勢」を磨いた

コミュニケーション 苦手 克服 本
人の印象は、まず外見で決まるのと同じように、
プレゼンテーションにおける印象は、表情や目線といった姿勢が影響を与えます。
恰好から入る人がいらっしゃることは周知の事実ですが、
コミュニケーションやプレゼンテーションにおいても恰好は大変重要なことであります。

視線

相手の一人一人に目を配り、視線を合わせましょう。
コミュニケーションが苦手な方は目をキョロキョロさせすぎてしまいがちですが、
視線を移動する際は、落ち着いて穏やかに、ゆっくりと変えていきましょう。
あまり早いと落ち着きが無いように感じさせてしまいます。

背筋、あご

背筋を伸ばして、あごを引く事で、堂々とした雰囲気を表現できます。
コミュニケーションが苦手な方は自信が無く、背筋が曲がっていたり、
下向きで頼りない印象を与えてしまうことが多くあるかと思いますので
ご注意下さい。

手力を抜いて身体の横に沿えるか、自然に前で組みましょう。
また、シーンに応じてジェスチャーを加えると良いでしょう。

両足に均等に体重をかけ、肩幅あたりまで足を開きましょう。
プレゼンに慣れていない人は、片足に体重をかけてプレゼンをしてしまいがちですが、
姿勢が崩れ、やる気に欠けるイメージを与えてしまいますので気を付けましょう。

 

また、足で床をトントン叩く、貧乏ゆすりといった自身の癖にもご注意下さい。

服装の乱れが無いよう、きちんと服を身に付けましょう。
服がシワだらけだったり、ボタンが空いていたり、シミがあったりと、
だらしない印象や不潔な印象を与えないように気を付けましょう。

 

また、新品の服については、折り目の跡が目立つ為、
一度アイロンをかけて折り目を消しましょう。

コミュニケーションが苦手な私は「話し方」を磨いた

コミュニケーション 苦手 克服 本
人はどうしても自身を中心に話をしがちですが、
プレゼンを行う相手の立場になって説明することがポイントです。
コミュニケーションが苦手な方は、特に下記を留意しましょう。

内容を理解する

仕事で上の立場になればなるほど、部下が作ったプレゼン資料を使って、上司が報告する。といった機会が増えます。
「他人が作った資料だから内容が分からない」ということが無いように、
じゅうぶんに内容を理解したうえでプレゼンに挑みましょう。

 

人は知らないことはしゃべることが出来ません。

相手の疑問を予想する

プレゼンを行うにあたり、自分のことだけを考えず、
相手が疑問に思うであろうことを予想し、
相手の反応を見ながら補足を加えると良いでしょう。

誰にでも分かるレベルで話す

相手によって理解度が異なるのは当然のことで、知識のレベルが異なります。
専門的な分野のことを素人に説明する場合、
専門用語の使用を控え、子供にでも分かるように言葉をかみ砕いて話しましょう。
一方的に話さず、質問を投げかけたり例え話を出したり、
相手の理解度を確認しながら話を進めましょう。

追加知識

ここまで話し方についてご紹介してきて、ピンときた方もいるかもしれませんが、
プレゼンにおいて話すことは説明することと同じです。
つまり、以前ご紹介した
「コミュニケーションで重要!説明力と説得力を伸ばす方法」でも紹介しております。
気になる方はこちらもご参考下さい。

説得力と説明力を伸ばして苦手なコミュニケーションを克服!

コミュニケーションにおいて重要な
「説明力と説得力を伸ばす方法」についてご紹介すると共に、
苦手意識を克服する手助けを致します。

コミュニケーションが苦手な私は「内容」を磨いた

コミュニケーション 苦手 克服 本
プレゼンテーションを行うにあたり「話の構成」に悩む方も少なくはないと思います。
というのも、一概にこうしたら良いというものは無く、
プレゼンテーションの題材や状況、目的に応じて変えていく必要があるためです。

 

そのため、ここでは「話の構成」を考えるうえでのポイントを紹介していきます。

状況に応じて説明量を変える

例えば、同じ題材を用いて複数の人がプレゼンを行う場合は、
自分よりも先にプレゼンをした人が、
最初の背景について詳細に説明していることが予想できます。

 

そういった時は、背景の説明は最小限にし、本題の説明量を増やしましょう。

 

逆に、数か月という期間を空けてプレゼンを行う場合、
前回のおさらいを加え、相手が理解し易いよう、
状況に応じて説明内容を変えましょう。

プレゼン時間に応じて構成を見直す

プレゼンの持ち時間が10分を超える場合、結論を冒頭に持ってきましょう。
人間はそれほど待つことが出来ず、結論が出てこない説明にイラ立ちを感じさせます。

相手の反応によって説明を変える

相手がもっと知りたいという反応を示した場合、そのパートの説明時間を増やしたり、
興味が無さそうであれば、説明時間を短縮して次の説明パートへ移るように、
相手の反応によって柔軟に説明を変えましょう。

コミュニケーションが苦手な人こそプレゼンテーションスキルを磨くべき

コミュニケーションが苦手な私がプレゼンテーションスキルを磨いた話についてご紹介しましたが、如何でしたでしょうか?

 

人や職場によってプレゼンなんて全く使わないよ!
という方もいらっしゃるかもしれませんが、人生とは分からないもので、
ひょんなところから、
仕事以外でも人前で説明する機会が、生まれてくるやもしれません。

 

そのようなときに慌てないよう、
ここでご紹介したことを頭の片隅にでも記憶して頂ければ幸いです。

 

以上、「コミュニケーションが苦手な私がプレゼンテーションスキルを磨いた話」についてご紹介しました。

苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選

私が実際に参考にしている、
苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選の記事です。
本ホームページに書いてある事を深く知りたい方へオススメです。
記事Link⇒「苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選」


 
トップへ戻る