苦手を克服。コミュニケーションにおける積極的傾聴とは?

苦手を克服せよ!コミュニケーションにおける積極的傾聴とは?

コミュニケーション 苦手 克服 本

 

 

みなさまはコミュニケーションにおいて自分の本心を相手に伝えておりますか?
うわべだけの会話となっていないでしょうか?


コミュニケーションを取る事は非常に大切なことですが、
面談や面接といった限られた時間のなかで、自分の本心を隠し、
うわべだけの会話をすることは、悪く言うと無駄な時間ともいえます。

 

自分の本心を相手に伝えようとすると、
「恥ずかしい」や「遠慮」といった気持ちが優先し、なかなか難しいものです。

 

しかし、話をしている相手が積極的に聴きいれる姿勢(積極的傾聴)を
持っている場合においては、自然と本心を話してしまうものなのです。

本記事では、
コミュニケーションにおける苦手を克服するために、
相手が本心を話しやすくなる積極的傾聴についてご紹介いたします。

コミュニケーションでの苦手を克服する前に・・・

まずはじめに、本記事は先日ご紹介しました
「コミュニケーションが苦手な人は病気?克服するための3つの「きく」とは」
の記事の延長となります。

 

こちらの記事で紹介した正しい「きく」姿勢がある前提での話となりますので、
お手数お掛けしますが、未読の方は読んで頂くことで、
本記事にスムーズに入ってこれるかと思います。

コミュニケーションが苦手な人は病気?克服するための3つの「きく」とは

3つの「きく」についてご紹介することで、コミュニケーションの苦手意識を克服する手助けをしたいと思います。

コミュニケーションでの苦手を克服するためには「積極的傾聴」が重要

耳から情報を仕入れるための「きく」には
「聞く」「聴く」「訊く」の3種類が存在し、
相手の本心を引き出す「きく」は「訊く」と書きます。
相手の本心を引きだし「訊く」ためには積極的傾聴が重要となってきます。

コミュニケーションでの苦手克服を助ける「積極的傾聴」とは?

積極的傾聴とは、話し相手の伝えようとすることを真剣に傾聴し、
真意を引きだして理解しようとする積極的な態度や姿勢のことです。

 

これは、米国の心理学者でカウンセリングの大家である
カール・ロジャースによって提唱され、具体的には下記のことを言います。

寛容な姿勢を示すこと

コミュニケーションにおいて、相手に言われたことすべてを受け入れて包容するような姿勢を示すこと。

批判的な態度をとらないこと

相手の意見やアイデアに対し、批判的・否定的な態度をとらないこと。
せっかく勇気を出して伝えようとした意見も、
否定されると、やる気が失せてしまいます。

相手の伝えようとすることの意味全体を聴いていること

会話の内容を隅々まで聴くことで、
伝えようとしていることの意味全体を理解し、聴くことです。

聴いて理解したことを相手にフィードバックすること

聴いた内容を理解し、それを要約して相手にフィードバックすることです。

積極的傾聴のレベルを調整してコミュニケーションの苦手を克服する

コミュニケーション 苦手 克服 本
 実際に積極的傾聴を行うにあたり、
下記のように段階的にレベルを踏みつつ実践してみましょう。

レベル1:相づちを行う

会話の最中に相づちを行いましょう。

相づちを行うに当たって、
重要なポイントは「会話の内容に沿って適度に相づちを打つこと」です。
会話の内容に合わせ、
小刻みに相づちを打ったり、深く相づちを打つと尚良いでしょう。

しかし、会話の内容を顧みず、適当に相づちを打っていると信用を無くしますので、
あくまでも会話の内容に沿って相づちを打つことにご注意下さい。
そうすることで、相手に真剣に傾聴しているということが伝わるでしょう。

レベル2:相手の言葉を繰り返す

相手の言葉を繰り返しましょう。
相手が「〇〇が面白いのですよ」と言ったら、「面白いのですね」というように、
相手の言葉を繰り返すことで、話している側は、自分が肯定されていると感じます。
肯定することで、相手は更に深堀した会話をしてみようという気持ちになるでしょう。

レベル3:簡潔に言い換える

相手の会話の内容をよく聴き、理解したうえで簡潔に言い換えた言葉を伝えましょう。
相手が「〇〇が面白いのですよ」と言ったら、「笑えるのですね」というように、
自分の言葉で言い換えて伝えることで、
相手は自分をより理解してもらえたのだと感じます。

 

もし、「いや違うよ!〇〇なんだよ」と相手に否定されてしまった場合は、
素直に「失礼しました。〇〇なのですね」と切り返しましょう。

レベル4:相手の気持ちを言葉で返す

会話の内容から相手の気持ちを汲み取り、それを言葉で伝えましょう。
相手が「〇〇を無くしてしまったのですよ」と言ったら、「さぞ残念だったでしょう」というように、相手の気持ちを言葉で伝えることで、安心感を相手に与える事が出来、初対面であっても警戒心を解いてくれる可能性が高まります。

レベル5:テンポよくフィードバックする

話し相手に共感し、共感した内容をテンポよくフィードバックしましょう。
会話の内容に対し、「新しい発見をした」「参考になった」といったように、
共感したことを相手に伝えることで、
話し相手に「嬉しい」という気持ちが芽生えます。

 

そうすることで、
話して良かった、もっとこの人と話していたいという気持ちにすることができます。

積極的傾聴を駆使すれば苦手なコミュニケーションを克服できる

苦手を克服するための、コミュニケーションにおける積極的傾聴についてご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

積極的傾聴をとるということは、相手の本心を引きだし、
コミュニケーションを通じて、より親密になるために必要なスキルと言えます。
それによって苦手を克服するだけでなく、
ビジネスパーソンとして身につけておくことで、
仕事面においても部下や上司、顧客からの信頼を得ることにも繋がりますので、是非身に着けておきたいところです。

 

以上、「苦手を克服せよ!コミュニケーションにおける積極的傾聴とは?」についてご紹介いたしました。

苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選

私が実際に参考にしている、
苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選の記事です。
本ホームページに書いてある事を深く知りたい方へオススメです。
記事Link⇒「苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選」


 
トップへ戻る