コミュニケーションが苦手な人は病気?克服するための「きく」を紹介

コミュニケーションが苦手な人は病気?克服するための3つの「きく」とは

コミュニケーション 苦手 克服 本

 

 

周りの人は上手くコミュニケーションを取っているのに
私は出来ていない。
もしかして私は病気なのでは・・・?


みなさまはコミュニケーションが苦手なことを病気だと思っていませんか?
結論から言うと、コミュニケーションが苦手なことは病気ではありません。
では、何故コミュニケーションが苦手なのでしょうか?

 

それはコミュニケーションの基礎である、「きく」ことが上手に出来ていないからです。
「きく」ということに3つの意味があることをご存知でしょうか?
この3つの「きく」を理解することで、
誰でもコミュニケーションに対する苦手意識を克服することが出来るのです。

本記事では、3つの「きく」についてご紹介することで、
コミュニケーションが苦手な人は病気だと勘違いされている方の
誤解を解くと共に、苦手意識を克服する手助けをしたいと思います。

苦手なコミュニケーションを克服するための「きく」とは?

みなさまは人の話をきちんと聴いておりますでしょうか?
旦那様、奥様からの話しかけに、きちんと聴いたうえで返事をされておりますか?

 

私たちは生活するうえで、人に関わる機会が多く、家族や友人を始め、職場の同僚や上司、部下、お客、店員等々、数えればきりがないほどの人と接しています。
それらの人たちとコミュニケーションを取りながら多種多様の活動をすることで、
人間として成長し、高度な文化を築き上げるまでに至りました。

 

そのコミュニケーションの礎となるものが「きく」です。

 

「きく」とは、下記のような多くの意味を持ちます。

  • 音や声を耳で感じ取る。
  • 耳に感じて、知る。
  • 人の言うことを理解して受け入れる。
  • 従う、ききいれる。
  • 訊ねて、応えを求める。

「きく」の多様性を理解することでコミュニケーションの苦手を克服

コミュニケーション 苦手 克服 本
耳から情報を仕入れるための「きく」には、
「聞く」「聴く」「訊く」の3種類が存在し、それぞれ異なる意味を持ちます。
この3つを理解することでコミュニケーションの苦手を克服しましょう。

聞く

「聞く」とは、自然にしていても音声が耳に入ってくることを言います。
言葉や音楽を単純に耳で聞いている状態のことです。

聴く

「聴く」とは、自分が意図して積極的に情報を取り入れようとすることを言います。
耳を傾けて意識的に、相手の言わんとしていることを
聴き取ろうとしている状態のことです。

訊く

「訊く」とは、自ら相手に質問したり、会話することで、
相手のことを理解しようとすることを言います。

 

このなかでも、コミュニケーションにおいて使用すべき「きく」は
「聴く」と「訊く」の2種類が重要となってきます。

コミュニケーションの苦手克服には何故「きく」ことが重要なのか?

「話す」ことももちろん大切なのですが、
「きく」こともコミュニケーションにおいて非常に重要となります。
では、なぜ「きく」ことが大切なのでしょうか?

「きく」ことで信頼関係を築く

「きく」ことで会話が弾み、互いに楽しい気持ちになります。
そこから深い話が始まり、相手をより深く理解することが出来る為、
自然と信頼関係を築きあげることが出来ます。

「きく」ことで視野が広がる

「きく」ことで相手から、自分の欲しい情報や、有益な情報が次々と入ってきます。
自分とは考えが異なる他人の話を「きく」ことで、
影響を受け、自分の考え方を変えることが出来ます。

「きく」ことで相手の気持ちに変化が起きる

話している相手は、だれかに話を「きいてもらう」ことで、気持ちが楽になります。
また、相手は話しているうちに自分の考えを整理することができ、気づきが起きます。

苦手なコミュニケーションを克服するための正しい「きく」姿勢や表情

コミュニケーション 苦手 克服 本
「きく」ことの重要性を理解されましたら、
実際に「きく」ときの正しい姿勢や表情について紹介致します。

会話に合わせて適度に頷く

相手の会話の内容をよく理解し、内容に合わせて適度に頷きましょう。
そうすることで相手に、自分の話を聞いてもらえているという気持ちになります。

会話に合わせて表情を変える

相手の会話の内容に合わせて、表情を変化させましょう。
真面目な話をしている時は、真面目な表情をし、
面白おかしい話をしているときは、内容の起伏に合わせて笑みを作るというように、
会話の内容に沿った表情をすることで、話しやすい雰囲気が生まれます。

目の高さは話す相手と同じ高さにする

会話をするときの目の高さは相手と同じ高さにしましょう。
相手よりも高い目線で話すと、威圧しているように感じさせる場合がありますし、
低い目線の場合は、相手を恐縮させてしまう可能性もあります。
会話をするときは相手と同じ目線の高さを心がけましょう。

話し相手の方向に、身体を向ける

話している相手に対して、向かい合うように身体を向けましょう。
別の作業しながら、片手間で相手の話を「きく」と、
話している相手も、本当に話を聞いてもらえているのか分からず、
話す気力が無くなってしまいます。

手はあまり動かさない

話を「きく」最中は手をあまり動かさないようにしましょう。
手をあちこち動かしていると、手持無沙汰な印象を相手に植え付けるだけでなく、
最悪、挙動不審な悪い印象を与えてしまいます。
「きく」ことに集中していることを相手に示しましょう。

相手の目を適度に見る

話をしている相手の目を適度に見ることにしましょう。
ここでは「適度」ということがポイントです。
全く目を見ないと誠意が無いように伝わりますし、
ずっと目を見続けると相手も落ち着きませんので、適度に見ることが重要です。

姿勢は軽く前傾に

「きく」時の姿勢は、前のめりになり過ぎないよう、
軽く前傾した姿勢を保ちましょう。

背もたれがある椅子に寄り掛かると誠実さに欠けますので、
相手に「きく」意欲が伝わるよう、軽く前に前傾した姿勢を保ちましょう。

コミュニケーションが苦手な人は病気ではない

苦手なコミュニケーションを克服するための3つの「きく」についてご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

コミュニケーションが苦手な人は、決して病気ではありません。
コミュニケーションが苦手な人は、正しい「きく」を知らないからです。
正しく「きく」ということは、コミュニケーションを円滑にすると共に、
信頼関係を築き上げる重要なスキルです。
実際のコミュニケーションで、
全てをすぐに使用してみることは難しいかもしれませんが、
少しずつ訓練をすることで自然と身についていくものです。

 

この「きく」スキルは仕事だけでなく、
日常生活でも貴方自身を助けてくれるものですので、
是非身に着けて活用していきましょう。

 

最後に、冒頭でも述べたように、
「きく」には「聴く」と「訊く」の2種類が重要となります。
今回はどちらかというと「聴く」に特化した内容をご紹介致しましたので、
「訊く」については、また次回以降ご紹介したいと思います。

 

以上、
「コミュニケーションが苦手な人は病気?克服するための3つの「きく」とは」でした。

苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選

私が実際に参考にしている、
苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選の記事です。
本ホームページに書いてある事を深く知りたい方へオススメです。
記事Link⇒「苦手なコミュニケーションを克服する為にオススメする本5選」


 
トップへ戻る